スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<米大統領選>中国政府はロムニー推し=対中強硬派を敢えて支持する理由―英紙 - FX自動売買

FX自動売買


2012年2月12日、英紙サンデータイムズは記事「ごめんなさい、大統領=北京はロムニーを支持します」を掲載した。

【その他の写真】

内政不干渉の原則があるといえども、中国政府には就任を期待する意中の米大統領候補がいる。中国ネットユーザーの期待と表面的な中国政府の立場から見ると、オバマ米大統領こそ中国の要求に応える人選に見える。ましてや共和党予備選でリードを保つロムニー候補は「就任初日に中国を為替操作国に認定する」と発言した対中強硬派だ。

だが、実際にはロムニー候補こそが中国が期待する大統領候補だ。なぜならばニクソンなど米国の保守系政治家は伝統的に人権や世界観などで中国との共通点を多く持っているからだ。むしろオバマ大統領が再任すれば、貿易問題や雇用問題で中国との衝突は激化することになるだろう。

戦略的な問題に目を向けても、オバマ政権は「アジアへの回帰」戦略を進め、ミャンマーから日本海にいたるまで中国の影響力への抑止策を次々と実行してきた。もしオバマ大統領が再任すれば、それらの策は「収穫期」を迎えることになる。こうした背景を考えれば、中国政府がロムニー候補に一票を投じるのは間違いないだろう。(翻訳・編集/KT)



(この記事は中国(Record China)から引用させて頂きました)


FX-NTT SmartChannel-16 Mar.23

スポンサーサイト

 | コメント : 0  | トラックバック : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

このページの先頭へ

FC2Ad

FX自動売買 システムトレード検証
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。