スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<欧州危機>IMF支援で日中協調 安住財務相 - FX自動売買

FX自動売買

 【北京・成沢健一】安住淳財務相は19日、北京で中国の王岐山副首相と会談し、欧州債務危機を巡る国際通貨基金(IMF)の資金基盤強化について、日中で協調してIMFの重要な役割を支える準備があるとの認識で一致した。

 IMFは欧州債務危機に対処するために5000億ドル(約39兆円)の資金基盤強化を検討している。安住氏は会談後、記者団に「今まで以上に欧州諸国で努力してもらうべきだが、ギリシャ問題を含めていい方向に向かっているのも事実。IMFの要請に日中が共同行動を取れるように連携することで一致した」と語った。

 また会談では、日中間の貿易決済で、円と人民元の直接取引を拡大する方針を確認。実務的な課題を協議する「日中金融市場の発展のための合同作業部会」を設置し、20日に北京で初会合を開くことを決めた。

 円と人民元の直接取引の拡大は、昨年末の日中首脳会談で合意していた。現在は、人民元と円を直接交換する市場が育っておらず、いったん米ドルに交換して取引している。直接取引ができれば、企業は決済コストや為替リスクを減らせるメリットがある。両政府は必要な市場やシステムなどの整備を議論する方針だ。これに関連し、安住氏は人民元の一層の国際化と柔軟化を王副首相に求めた。

 さらに、欧州債務危機がアジアに波及するのを防ぐための方策も協議。東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓が結ぶ通貨融通の枠組み「チェンマイ・イニシアチブ」の機能を強化していくことも確認した。


(この記事は経済総合(毎日新聞)から引用させて頂きました)


モーサテ予想とユーロドルのまとめ 06/14/11

スポンサーサイト

 | コメント : 0  | トラックバック : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

このページの先頭へ

FC2Ad

FX自動売買 システムトレード検証
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。