スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦点:巨額貿易赤字は年後半に縮小の見通し、経常黒字維持へ - FX自動売買

FX自動売買


[東京 20日 ロイター] 20日に発表された1月貿易統計で貿易収支が1.5兆円に迫る大幅赤字となったことにより、1月の経常収支も単月で赤字に転落する可能性が高まった。

ただ、今後は年後半にかけての世界経済の回復期待も強く、貿易赤字は徐々に縮小し、経常黒字は維持される見通しだ。長期的には、高齢化の進展や企業の海外シフトが将来、恒常的な経常赤字を招くとする懸念も根強いが、為替相場の反転や、海外での稼ぎを還流させる「所得収支の黒字」の拡大が図れれば、一方的な貿易・経常収支悪化の拡大を回避できるとの冷静な見方も出ている。

<1月貿易赤字は一時的現象、通年ではトントンの見通し>

1月の貿易赤字が1兆4750億円と過去最大の赤字幅となった結果、1月の経常収支はリーマン・ショック後の09年1月以来の赤字に転落する可能性も濃厚となってきた。巨額の貿易赤字が、1兆円前後の「所得収支」を吹き飛ばす見通しだ。

ただ、今回のような巨額の貿易赤字が続く可能性は小さい。1月は日本の正月休暇の影響で輸出額が少ないほか、中国などの春節の時期が昨年の2月から1月に早まったため輸出額が減少したこと、原油・LNG輸入の増加や、欧州危機や新興国の景気減速などの「一時的現象がいくつか重なった結果と見るのが妥当」(農中総合研究所)なためだ。

エコノミストの間では、今年半ば以降は新興国経済の調整終了や米国の持ち直しなどにより、輸出の伸びが回復する可能性を指摘する声が多い。世界的な量的緩和で資源高が進行し、輸入額が増える懸念もあるが、輸出の増加がそれを補う程度に伸びるとみられている。「早ければ今年後半には貿易黒字が散見され始める」(農中総合研究所)結果、「2011年度は通年でほぼ貿易収支はトントンとなるとみている」(伊藤忠経済研究所)との見方もある。

<為替調整メカニズムや所得収支の拡大で、経常黒字維持の予想も>

単月とはいえ、貿易赤字が所得収支の黒字を軽く超えるほどに膨らむ姿は、日本経済がショックに脆弱になりつつある実態を浮き彫りにしている。市場では、中長期的には貿易・経常収支は楽観できる状況ではないとの懸念が根強い。確かに、高齢化の進展で医薬品などの輸入増加は無視できない金額に上るうえ、製造業の海外シフトで従来のような輸出の伸びも期待できなくなる。バークレイズ・キャピタル証券では「恒常的な経常収支赤字化のタイミングは、早くて2018年」と試算。他の複数の調査機関も10年以内の経常赤字転落を予想する。

一方で、こうした事態を回避する方策もまだ残されているとの指摘も出ている。

一つは、為替相場を円安方向に反転させる手段だ。過去を振り返ると、貿易・経常収支の悪化は、為替相場が円安に振れると1年半程度の遅れで歯止めがかかってきた。伊藤忠経済研究所では「為替による貿易・経常収支の調整機能が働くために、一方的な赤字拡大という事態にはならない」と分析する。

マネックス証券は「リーマンショックや東日本大震災など、為替レート以外の要因で経常収支は大きく振幅しているが、足元で進んでいる経常収支の黒字縮小には、09年以降の円高がじわじわ効いている面も大きい」とみている。為替相場に影響するのは各国間の金利差、それに基づく債券や株式の取引であるため、財政・金融政策が工夫をこらす余地があるといえる。

確かに、製造業の海外シフトは輸出減少要因だが、一方でそれは所得収支の拡大にも結び付く可能性があるため、経常収支自体はさほど減少しないとの予想もある。現在はその過渡期にあり、10年後の経常赤字転落は必然ではないとの見方も根強い。ある政策当局者は「海外シフトを単なる国内空洞化という悪い捉え方をすべきではない」と指摘。海外からの所得を生かして競争力強化を図ることが必要との考えを示している。

日本経済の「稼ぐ力」が脆弱になっているのは確かだが、長期的な経常収支の行方は、円安傾向がどの程度持続するのか、海外で稼ぐ所得収支が力強く拡大していくのかにも大きく依存している。貿易赤字からの脱却や、経常黒字の維持への可能性もまだ多いに残っているともいえそうだ。

(ロイターニュース 中川泉;編集 布施太郎)


(この記事は経済総合(ロイター)から引用させて頂きました)


円高終息宣言 クロス円も上昇見通し−FXの売買戦略レポートを検証

スポンサーサイト

 | コメント : 0  | トラックバック : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

このページの先頭へ

FC2Ad

FX自動売買 システムトレード検証
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。