スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ上昇、対ギリシャ第2次支援承認への期待で - FX自動売買

FX自動売買


[ロンドン 20日 ロイター] 20日の欧州外国為替市場ではユーロが上昇。この日のユーロ圏財務相会合でギリシャへの第2次支援が承認されるとの期待感が背景となっている。ただ、ギリシャによる合意実施リスクや、ユーロ圏金融政策の見通し不透明感から上値の重い展開となった。

バークレイズ・キャピタルの通貨ストラテジスト、ラガフ・スバラオ氏は「ギリシャ(への追加支援)は合意に至ると考えているが、民間債権者の参加について確認される必要があるなど、実施リスクは残る。(民間債権者の)参加率が高くなる可能性は非常に低い」と分析。そのうえで「ユーロにとってより重要なのは、欧州中央銀行(ECB)が金融政策を著しい緩和状態に維持することだ。いかなるユーロの反発もショートにするチャンス」とし、バークレイズは、ユーロが向こう1年間で1.20ドルまで下落すると予想している、と話した。

ユーロ/ドルは0.7%高の1.3244ドル。

ユーロ/円は、一時3カ月ぶり高値となる105.75円まで上昇した後、押し戻され、0.6%高の105.21円となった。

ドル/円はほぼ横ばいの79.45円。一時6カ月ぶり高値となる79.89円まで上昇し、10月31日に日本当局が単独介入を実施して以来の高値を更新した。

中国人民銀行(中央銀行)が18日、商業銀行の預金準備率を50ベーシスポイント(bp)引き下げると発表したことを受け、株式や資源国通貨などのリスク資産が上昇した。

豪ドルは対米ドルで1.0817米ドルの高値に上昇。その後、0.4%高の1.0756米ドルで推移した。

NZドルも対米ドルで0.8429米ドルに上昇し、5カ月半ぶり高値をつけた。
(この記事は経済総合(ロイター)から引用させて頂きました)


大前研一ライブ #473 08年12月7日放送 人民元相場4日連続ストップ安【BBT757Ch】

スポンサーサイト

 | コメント : 0  | トラックバック : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

このページの先頭へ

FC2Ad

FX自動売買 システムトレード検証
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。