スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝とソニーが円高対応緊急ファシリティ活用、M&A促進で初 - FX自動売買

FX自動売買


[東京 23日 ロイター] 東芝<6502.T>は23日、国際協力銀行の「円高対応緊急ファシリティ」を活用して10億ドルの融資を受けると発表した。また、国際協力銀行によると、ソニー<6758.T>もソニー・エリクソンの完全子会社化に同スキームを活用するとしている。

M&Aの促進で活用したのは、両社が初めての事例になる。

東芝は、民間銀行を通して円高対応金融ファシリティを活用し10億ドルの融資を受ける。内訳は同ファシリティから6億ドル、民間銀行から4億ドル。民間銀行のつなぎ融資で調達したスイスのランディス・ギア買収資金を長期のものに借り換え、財務基盤を強化する。米ドルの長期負債を持つことによって、バランスシートのなかの為替リスクを低減する。

「円高対応緊急ファシリティ」は財務省が昨年8月24日に発表した制度で、M&Aの促進のほか、資源・エネルギーの確保・開発の促進、中小企業の輸出支援に活用できる。
(この記事は経済総合(ロイター)から引用させて頂きました)


モーサテ予想とユーロドルのまとめ 03/20/11

スポンサーサイト

 | コメント : 0  | トラックバック : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

このページの先頭へ

FC2Ad

FX自動売買 システムトレード検証
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。