スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円小動き、80円台前半〔ロンドン外為〕(23日) - FX自動売買

FX自動売買

 【ロンドン時事】23日のロンドン外国為替市場の円相場は、手掛かり材料難で方向感に乏しい中、1ドル=80円台前半で小動きとなった。午後4時現在は80円15〜25銭と、前日午後4時(80円30〜40銭)比15銭の円高・ドル安。
 東京市場では、特段の新規材料がない中を売り買いが交錯し、80円台前半でもみ合った。前日のニューヨーク市場で約7カ月ぶりの円安水準となる80円40銭を付けるなど、最近の円売り・ドル買いのペースに対する警戒感もあり、ロンドンの取引時間帯に入っても動意に乏しい展開。終日にわたり、狭いレンジ内の取引が続いた。
 米新規失業保険申請件数は市場予想よりも若干良い内容だったが、影響は限定的だった。
 市場関係者は「足元ではポジション調整の動きが強まっている」と指摘した。
 ユーロはやや強含み。ギリシャへの第2次支援策が合意するなど欧州債務問題に対する懸念が後退する中、独IFO景況感指数が市場予想を上回ったことが好感された。ただ、欧州委員会が今年のユーロ圏17カ国の成長率予想をマイナス0.3%に下方修正したことなどが嫌気され、高値から一部値を消した。
 ギリシャ議会で、民間債権者が保有するギリシャ国債の債務減免に関する法案が承認されたものの、影響は限られた。
 午後4時現在は対円が1ユーロ=106円70〜80銭(前日午後4時は106円35〜45銭)、対ドルが1.3310〜3320ドル(同1.3235〜3245ドル)。
 他の欧州通貨はポンドが1ポンド=1.5695〜5705ドル(同1.5665〜5675ドル)、スイス・フランが1ドル=0.9050〜9060フラン(同0.9110〜9120フラン)。(了)


(この記事は市況(時事通信)から引用させて頂きました)


イタリア国債利回り7%台ユーロ軟調!

スポンサーサイト

 | コメント : 0  | トラックバック : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

このページの先頭へ

FC2Ad

FX自動売買 システムトレード検証
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。