スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクソン、「『アラド戦記』オフラインエキシビションマッチ」を開催 - FX自動売買

FX自動売買

 株式会社ネクソンは2月25日、にWindows用オンラインアクションRPG「アラド戦記 オフラインエキシビションマッチ」を秋葉原UDXアキバ・スクエアで開催した。

【拡大画像や他の画像】

 メインイベントであるエキシビションマッチは日韓の大会上位者の他、「アラド戦記」開発者のイ・デヒョンさん、グラビアアイドルの赤井沙希さんを含めた8人のトーナメント形式で行われた。

 またエキシビションマッチの前には今後のアップデート予定が発表された。まずはこちらのアップデート予定から紹介していく。

■ 新職業「男メイジ」実装の他、「fate/zero」との新規タイアップの発表も

 アップデート情報のコーナーに登壇したのは、株式会社ネクソンの平野貴子氏。平野氏からは、2012年中にアップデートを予定している要素が紹介された。まずは、クエストシステムへのアップデートについて。エピッククエストのクリア報酬に「クエストポイント」が追加され、「クエスト商店」で「クエストポイント」を消費することで、任意の能力値を購入できるようになる。他にも新しいクエスト「捕獲クエスト」、「潜入クエスト」が追加される。この2つのクエストについては詳しくは語られなかったが、「今までとは少し違った」クエストになるという。これに伴い、同時に受諾できるクエスト数が10個から20個に増加される。

 続いて新しい装備システムについて。今後、「魔法で封印された」と名前の付く装備品が実装される。これはダンジョンでドロップするもので、一定のゲーム内通貨を支払って封印を「解除」することで、1〜3種類までの「オプション」がつく。どのような「オプション」がつくかは数も含めてランダムとなっており、気に入った「オプション」が出るまで何度も挑戦してほしいという。また魔法封印を「解除」したアイテム2個をあわせて、新たな「魔法で封印された」装備アイテムを生成できる。

 日本だけの新しいシステムとして加わるのは、初心者向けにスキル選択の難しさを改善するために、オススメのスキルガイドが追加される。また、ボイスシステムとして自分のキャラクターやNPCのボイスを選べるようになる。自分のイメージ通りの声を選択するなど個性を活かせそうだ。

 次に、新規エリアと新職業の追加について。新規エリアには、「スジュ」が追加される。このエリアには今まで実装されているダンジョンと異なる「武闘ダンジョン」が登場する。このダンジョンでは1対1のトーナメント形式で対戦をするダンジョンで、優勝した際はここでしか手に入らない素材アイテムが入手できる。この素材アイテムを使って武器の精錬を行なうことができる。

 新職業には、「プリースト」の新規転職で、闇の力を利用して自らを悪魔化する「アベンジャー」、また「男メイジ」が登場する。「男メイジ」は戦闘中にHPが0になってもすぐには死亡せず、一定時間攻撃を受けなければ3分の1のHPで復活するという能力を持つ。「男メイジ」が転職できる職業には、近接攻撃に優れた「氷結士」と強力な魔法を駆使する「エレメンタルボマー」が用意される。

 そして新規タイアップとして「fate/zero」とのタイアップが予定されている。このタイアップは詳細は不明なものの趣向を凝らしたタイアップになるとのことだ。

 このほか、現在は最高「640×480ドット」となっている画面解像度を「800×600ドット」へと拡張できること、ショートカット設定のインターフェイスの変更など様々な点が改良される予定だ。

■ 「誤BAN問題」にも言及。ユーザーから開発チームのジョン・スンヨル氏への質問

 次にユーザーからの質問について、開発を担当している韓国Neople チーム長のジョン・スンヨル氏が解答するコーナーに移った。

 最初は「女鬼剣士」、「女プリースト」、「シーフ」の2次職や、各キャラクターの更なる上位職、日本オリジナルの職業の実装などの計画について。ジョン氏は新たな職業の実装の時期について、「アラド戦記」は2Dモデルを採用しており「時間がかかってしまう」と説明していた。ジョン氏からの詳細な説明はなかったが、2Dモデルでありながら激しいアクションが表現される「アラド戦記」はアニメーションなどの調整が難しいからと推測される。
 
 更なる上位職についても未定だが、新たなプレイが体験できるシステムを準備しているので、こちらに期待してほしいそうだ。また日本オリジナルの職業も予定していないが、日本ユーザー向けの特別な何かを準備しているので、こちらを楽しみに待ってほしいと語っていた。

 次の質問は「決闘」について。決闘大会の様なものを定期的に実施してほしいといった意見や、「公正決闘」の実装時期、世界中の「アラド戦記」ユーザーと決闘できる決闘サーバの予定はないかという質問があった。ジョン氏によると、日本の決闘サーバの利用率は低く、日本ユーザーは決闘にあまり興味がないと判断していたそうだ。
 
 そのため、これまであまりイベントを開催していなかったが、アンケートなどにより日本のユーザーの関心が高いことがわかったので、これからは定期的に開催していきたいという。「公正決闘」については2012年中にアップデートしたいそうだ。世界中のユーザーと決闘するサーバーは、各国のパブリッシャーとの関係など様々な問題があり、実装は難しいと語っていた。

 3つ目の質問は、いわゆる「誤BAN問題」について。「最近新規でゲームを始めるとアカウント停止されることがあり困っている。しかし、その割にはゲーム内ではBOTと思われる自動操作と思われるキャラクターを見るが?」という質問だ。この点に関してジョン氏は、アカウント作成時に個人情報が要求される他国に比べ、日本は比較的容易にアカウントが作成できることもあり、不正キャラクターが多くなっていたことに原因があると語っていた。しかしジョン氏は今後のアップデートで、韓国での誤BAN率が10分の1以下になった新たな対策を導入予定なのでもう少し待ってほしいとも述べた。

■ 日韓トッププレイヤーのガチバトル、エキシビションマッチ

 今回の催しのメインイベントであるエキシビションマッチが開催された。司会はスポーツ番組などで名実況を披露しているフリーアナウンサーの辻よしなり氏、解説はアラド戦記2009年の日本大会出場者のあー君氏が務めた。

 参加選手は、各国の大会上位入賞者から選ばれた選手が3名ずつと、そこにゲストプレーヤーとして、日本代表にグラビアアイドルの赤井沙希さん、韓国代表に開発チームのイ・ジンソン氏も加わって、4対4人の大会となった。
 
 大会は8名によるトーナメント形式の個人戦で、試合は2本先取で勝利となる。1回戦の4試合は全て日本選手対韓国選手の試合が組まれ、エキシビションマッチとはいえ、ハンデなしの手加減抜き、お互いのプライドをかけた本気バトルが繰り広げられた。

 1回戦、第1試合は日本代表の長葱様選手の「デスペラード」と韓国代表のジャン・ジェオン選手の「剣聖」との試合。ジャン選手は畳みかけるようにコンボを次々と決め、あっという間にジャン選手が2本連取して勝利した。長葱様選手は「日本のプレイヤーが使わないコンボが見ることができて楽しかった」と語っていた。

 第2試合は日本代表のpa-in選手の「アークメイジ」と、Neople開発チームのイ・デヒョン氏の「竜闘士」の試合。終始pa-in選手の距離をおき魔法で攻撃する戦略が上手く、近接攻撃がメインのイ・デヒョン氏は苦戦を強いられ、pa-in選手の勝利となった。

 第3試合は日本代表のはんにゃばる選手の「竜闘士」と、韓国代表のイ・ジンソン選手の「デスペラード」との試合。距離を置きたいイ・ジンソン選手を巧みに追い詰めたはんにゃばる選手のコンボが上手く炸裂し、はんにゃばる選手の勝利となった。

 第4試合は赤井沙希選手の「ポイズンアイビー」と、韓国代表のキム・ソンジュン選手の「マイスター」との試合。赤井選手は試合時間のほぼ全てを空中に浮かされ続けるという圧倒的な実力差を見せつけられ、赤井選手に反撃のチャンスを与えることなく、キム・ソンジュン選手の勝利になった。

 続いて2回戦、第1試合。韓国代表のジャン・ジェオン選手の「剣聖」と日本代表のpa-in選手の「アークメイジ」の試合。pa-in選手は、近づくと手に負えないジャン選手に対して距離を取って戦いたかったが、ジャン選手はそれを圧倒する立ち回りを見せて簡単に1勝をもぎ取った。これを受けたpa-in選手も戦い方を見直し、次の試合でジャン選手のヒットポイントをギリギリまで削ったが、ジャン選手がこれをねじ伏せた。pa-in選手は「悔しいとしか言いようがない。底力が違う」と試合を振り返っていた。

 第2試合は、日本代表のはんにゃばる選手の「竜闘士」と韓国代表のキム選手の「マイスター」との試合。両者の実力はほぼ拮抗しており、試合は3試合目までもつれ込んだ。この試合でははんにゃばる選手が体力を半分ほど残しながらキム選手をあとほんの数撃で倒せるところまで追い詰めた。会場もはんにゃばる選手の勝利を確信したが、ここでキム選手が驚異的な粘りを見せ、土壇場から大逆転勝利となった。はんにゃばる選手は「勝ったと思って手汗が凄く出て滑って負けた。これからも精進します」と語っていた。

 決勝戦は韓国代表同士の試合となった。ジャン・ジェオン選手の「剣聖」と、キム・ソンジュン選手の「マイスター」との試合。その1戦目、ジャン選手は手数の多さでキム・ソンジュン選手が召喚するメカを巧みに撃破して1勝を収めた。2戦目はキム選手も修正し、ジャン選手の動きに対応してお互いの体力がほぼなくなるまでもつれ込んだが、ここで軍配が上がったのはジャン選手。日韓代表によるガチンコ勝負は、優勝はジャン選手、準優勝はキム選手となり、韓国勢が強さを見せる結果となった。

■ タレントの出川哲朗さんも登場。「出川哲郎『本気の挑戦 出張版』」の公開収録

 表彰式の後、「出川哲郎『本気の挑戦 出張版』」の公開収録のため、「アラド・アラド!」とい掛け声と共に出川哲朗さんが登場。というのも前回の放送で現日本チャンピオンのはんにゃばる選手に勝利したそうで、出川さん抜きでチャンピオンを決めるのはおかしいのではないか、ということだった。そこで今回は真のチャンピオンを決めるため、トーナメントで優勝したジャン・ジェオン選手と決闘を行なうことになった。
 
 まずはウォーミングアップとして、アラド戦記ユーザー3人と勝負を行う。「前回の放送でかなり上達したのでユーザーとの試合軽く全勝して、チャンピオンとの試合に挑む」と語っていた出川さんだったが、1試合目から思うようにキャラクターを操作できず、「走れない!ダッシュできない!」と絶叫しながらプレイして会場を沸かせていた。結果はあっという間に負けてしまい、あー君さんが実況する間もなかった。

 試合後は負けた方が罰ゲームを受けるという番組のおきまりにしたがって、非常に苦いことで有名なセンブリ茶を飲まされていた。

 2試合目はさっきの反省を生かし、相手プレイヤーに右手だけでプレイするというハンデをつけてもらったものの惨敗。3試合目は試合開始から30秒攻撃なし、10秒間赤井さんが目隠しをするという圧倒的なハンデをつけてもらったものの、こちらも惨敗という結果になり、それぞれノニジュース、大量のワサビを塗りつけられたにぎり寿司を食べるという罰ゲームを披露していた。

 本来の目的である、トーナメントで優勝したジャン・ジェオン選手との試合では、前出の目隠しの他、赤井さんが悩殺ポーズを行い選手の集中力を削ぐというハンデをつけてもらったが、それでもやはり惨敗してしまい、あー君さんに熱々おでんを食べさせられていた。

 このお約束とも言える出川さんの“リアクション芸”に、会場は大盛り上がりの公開収録となった。

Cpyright (c)2005 NEOPLE Inc. ALL Rights Reserved. Developed by A SHOCK

【GAME Watch,八橋亜機】



(この記事はゲーム(Impress Watch)から引用させて頂きました)


円高の今だからFX投資でスワップポイントを得る

スポンサーサイト

 | コメント : 0  | トラックバック : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

このページの先頭へ

FC2Ad

FX自動売買 システムトレード検証
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。