スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国が直面する「輸入超過」、その弊害は(2)=中国人有識者 - FX自動売買

FX自動売買
 中国網日本語版(チャイナネット)によると、中国外交学院の周永生教授はこのほど、中国の「輸入超過」について論じ、欧米諸国が貿易のアンバランスを理由に中国を批判することを恐れてはいけないと論じた。以下は同記事より。

 むやみやたらに輸入を拡大すれば、お金の無駄遣いをすることになり、苦労して貯蓄してきた外貨を浪費してしまう。衝動的に輸入し、お金を湯水のように使ってしまう事は多くの弊害をもたらすことになる。

 性急に浪費し、それに慣れてしまえば、貯蓄する習慣を取り戻すのは難しくなってしまう。中国の貯蓄はどんどん少なくなり、いつかはゼロになってしまう。これは貨幣の鋳造権を持たない大国にとって、国際社会での威力が弱まってしまうことに繋がる。

 外貨を貯蓄するプロセスは、中国の環境コストや人的コストを長い歴史の中で人為的に押し下げてきたプロセスでもある。この「抑制」に対し、まだきちんと埋め合わせも行っていない。そのため、中国が貯めてきた外貨は衝動的に外国製品、特にぜいたく品を買うことで使ってしまうのではなく、対外投資するべきである。鉱山や鉄道、公共道路、工場などに直接投資して資金を上手に活用するべきだ。また、リスクをコントロールできる範囲内である程度の国債や優良な会社の妥当な価格の株式など購入し、投資の効果を高めることもできる。

 輸入を拡大する一方で、輸出を促進することにも手を抜いてはいけない。欧米諸国からの注文が減少している中、輸出業界へのバックアップを怠り、対外貿易の企業が不振に陥っているのを見てみぬ振りをしていれば、国内の就職状況や経済成長、世界経済の発展モデルに仲間入りするチャンスに打撃を与えるだけでなく、今後、もう一度国際市場で失ったものを取り戻すことさえも困難になってしまう。

 12年、中国の造船業界は全体的に注文不足に苦しんでおり、多くの中小の造船工場が倒産に追い込まれた。このような状況の中で、関連企業が輸出の注文を増やす対策を講じて、新たな買い手を見つけなければ、業界が培ってきた成果は水の泡になってしまい、今後さらに競争力のある産業グループを形成するのが難しくなってしまう。そのため、中国は輸入を拡大するのと同時に、国外の最先端技術、安価な資源や人材を手に入れることに取り組み、輸出製品のレベルアップや品質改良に努めるべきである。

 輸入超過を恐れる必要はないが、ある一定のバランスを失ってはいけない。盲目的に輸入を拡大し、外貨を浪費してしまうのではなく、国際社会で物が言えるだけの実力を保っておかなければいけない。(編集担当:米原裕子)


(この記事は中国(サーチナ)から引用させて頂きました)


【ニュースPick Up】国際金融経済と竹島・教科書採択の愚行[桜H24/2/23]

スポンサーサイト

 | コメント : 0  | トラックバック : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

このページの先頭へ

FC2Ad

FX自動売買 システムトレード検証
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。