スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル一時81.66円まで上昇、9カ月ぶり高値 - FX自動売買

FX自動売買

[27日 ロイター] 27日朝のアジア市場で、ドルは81.56円付近、一時81.66円まで上昇し昨年5月末以来9カ月ぶり高値を付けた。市場は円売りの様相を呈している。ユーロ/円は一時109.95円まで上昇し、4カ月ぶりの高値をつけた。

きょうの予想レンジはドルが80.90―81.70円、ユーロが1.3380―1.3510ドル、ユーロ/円が108.80―110.10円。

前週末のニューヨーク市場では、ユーロ/円が大幅上昇。ドル/円も騰勢を強めた。

テクニカル的には「ドルが80.50円を抜けたことで、円売りに弾みがついた。今後は80円半ばがドルの下値支持線となるだろう」(外為アナリスト)という。市場の流れは、「ドル高というより、円売りの様相を呈している」(同)とされ、「ユーロ/円の買いに引っ張られて、対ドルでも円が売られている」(同)という。

日本時間早朝に明らかになった20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)の最終声明では、ユーロ圏は3月に救済基金の能力を見直す方針を示した。 声明によると、G20は4月の会合で国際通貨基金(IMF)財源強化の進捗状況を見直す方針。 声明は、ユーロ圏債務危機の安全網について「ユーロ圏諸国は3月に支援ファシリティーの能力を見直す。これは、現在進められているIMFの財源動員をめぐる議論に必要不可欠なインプットを提供する」としている。

また、声明は、G20の産油国が石油高騰対策を講じる意向を表明した。

G20声明による為替市場への直接的な影響はみられない。
(この記事は経済総合(ロイター)から引用させて頂きました)


モーサテ予想とユーロドルのまとめ 02/26/12

スポンサーサイト

 | コメント : 0  | トラックバック : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

このページの先頭へ

FC2Ad

FX自動売買 システムトレード検証
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。